アイス作りにあると嬉しい器具とは

アイリスオーヤマのアイスクリームメーカー

アイス作りにあると便利なのがアイスクリームメーカー。

今回は私が愛用している、アイリスオーヤマのアイスクリームメーカーの使い方を解説します!

アイリスオーヤマ アイスクリームメーカーを見る

部品は4つ

部品はコンセントに差す動力部分と、かき混ぜるための羽、フタ、本体の4つ。

本体は冷凍庫に冷やしておきます。

いつも冷凍庫に入れっぱなしにしておくと思い立ったときすぐにアイス作りができます。

ただし結構場所を取るので、冷凍庫にスペースが必要です。

 

アイスを作るときは

冷やしておいた本体に液体の材料を流し入れ、本体に他の3つ(動力部分、フタ、羽)をセットしてスイッチオン。

15〜20分程度かき混ぜ続けるとどろりと固まってきます。

お気に入りの硬さになったら完成です。

冷たい底と端から固まってくるので、時々フタを外してゴムべらなどでかき混ぜると仕上がるのが早く、取り出しやすいです。

思ったよりも固まらない…という場合には、ある程度固まったところで冷凍庫に入れ手作業で頻繁にかき混ぜるか、固まったものをブレンダーで攪拌してもOK。

特に動物性食品を使っていないヴィーガンアイスは、卵に火を通して..といった作業がないので固まりにくく、長時間入れておく必要があります。

アイスクリームメーカーを使うと空気を含んでふわりと固まっていくので、ガリガリの食感になりにくく私はこれで凍らせるのが美味しく仕上がってお勧めです。

ブレンダーで攪拌する場合には、固く凍らせてしまうとブレンダーの刃を痛める可能性があるので、冷凍させすぎないことと氷OKな強力ブレンダーを使うこと。

私はバイタミックスという強力ブレンダーを愛用しています。

アボガドの種も攪拌できるというパワフルなブレンダーで、ローフード作りが好きな方には必需品ともいえる愛すべきブレンダーです。

私はこのスリムタイプを使っています。

バイタミックス スリムタイプ(vitamix s30)を見る

 

使い終わって洗うときは

アイス作りが終わったら、部品を分解して丸洗いします。

動力部分は水に濡らしてはいけないので気をつけましょう。

そしてアイリスオーヤマのアイスクリームメーカーを初めて使ってびっくりしたポイントがこちら。

羽の部品が!外れない!!

急いで説明書を読んで取り外し方を探してみましたが、情報は無し。

結論から言うと、無理やり引っこ抜くしかないのです。

アイスがべったりついた部分をすべらないように拭いて、思いっきり引っ張りましょう。

まわりに物があると勢いでガッシャンといく可能性がありますので気をつけて…

部品の数も少ないし、丸洗いができるので清潔だし、トータルはすごくありがたい商品です!

アイリスオーヤマ アイスクリームメーカーを見る

 

これでいつでもアイスが食べられる!

いつも冷凍庫にアイスクリームメーカーを入れておけば、ふと食べたいと思ったときにすぐに作ることができます。

いちいち買う必要もなく、白砂糖を止めるなど自分の好みで作れちゃうんです!

ベジアイスなら牛乳や生クリーム、卵も使わないので低カロリーで罪悪感なし。

ぜひ試してみてくださいね。