ヴィーガンチョコアイスの作り方

ベジタリアン仕様のアイス

一般的なアイスクリームには、牛乳や生クリームといった乳製品や、卵を含む動物性の食品が使われています。

もったりとした質感、クリーミーさが出るのが特徴で濃厚な味わいを楽しむことができます。

動物性の食品を使わないヴィーガンアイスでも、シャーベットのようなさっぱりした味わいのものだけでなくミルキーでクリーミーなレシピを研究しました。

今回はナッツミルクも使わずに、シンプルなチョコレートアイスのレシピをご紹介します。

ベジチョコアイスの作り方

材料(約2人分)

ローカカオパウダー 30g

てんさい糖 10g

レシチンパウダー 15g

ココナッツネクター(液体甘味料) 30g

水 180ml

1、ブレンダーにカカオパウダー、てんさい糖を入れて攪拌。レシチンパウダーを入れてまた攪拌する。

2、ココナッツネクター、水を入れて攪拌する。

コクを出すためにココナッツネクターを使いましたが、なければメープルシロップやてんさい糖の量を増やして代用してもOK。

3、アイスクリームメーカーに入れて20分ほどかき混ぜる。

アイスクリームメーカーが無い場合には、冷凍庫に入れて1時間おきにかき混ぜるのを3回ほど繰り返すか、ある程度の硬さに凍らせたものをブレンダーに入れてかき混ぜてもOK。

凍ったものをブレンダーでかき混ぜる場合には、刃を痛める可能性があるのでカチカチに固めず、また強力なブレンダーを使うことをお勧めします。

アイスクリームメーカーを使う場合、外側から固まってくるので時々ゴムベラなどでかき混ぜてあげるといいです。

おすすめアイスクリームメーカーを見る

4、お好きな固さになったら器に盛り付けて完成!

ヴィーガンアイス作りのポイント

牛乳や生クリーム、卵を使わずに作るベジタリアン仕様のアイスでは、クリーミーさを出すのがポイントになります。

濃厚さを出し、ミルキーに仕上げてくれるのに欠かせないのが「レシチンパウダー」です。

 

レシチンパウダーとは

レシチンとはフォスファチジルコリンという名前のリン脂質の一種です。

人の体では細胞膜の成分として、また情報伝達物質の材料として、などの働きをもっています。

ヴィーガンレシピでは水と油を乳化させ、なめらかでクリーミーにしてくれる「乳化剤」として活躍します。

大豆油から作られる大豆レシチンやひまわり油から作られるひまわりレシチンなどがあります。

大豆レシチンパウダー 

非遺伝子組み換えの大豆を使用したレシチンパウダー。

nowは海外でも信頼性の高いブランドなので、安心して飲むことができます。

now 大豆レシチンパウダーを見る

罪悪感フリーがベジタリアンフードの魅力

動物性の食材を使わずに濃厚なアイスを食べたければ、ぜひこのレシピを試してみてくださいね。

材料を混ぜるだけであっという間に出来ちゃうので、食べたい時にさっと作れるのも嬉しいポイントです。

たくさんアレンジをしながら、お気に入りのレシピを見つけていきましょう!